ご訪問ありがとうございます。

ボイスクリアリング® の江頭幸宏です。

 

 

最近セッションをしていて、

すごく思うことがあります。

 

 

 

それは、「ジブン勘違い」すぎて、
人生もったいない人が多すぎるということです。

ジブン勘違い族の人によくあるもったいない特徴は、

 

 

・自分には人より秀でた何かが、欠けていると思っている。

 

・自分にはこれといった特徴がない、と思っている。

 

・罪悪感が常に影を潜めている。

・自分は目立たないと思っている。

です。

 

 

 


上矢印画像は、ネットより拝借。)

僕は年間1,000人の人と会い、

セッションさせていただいて、
特に女性に対して思うことは、
「自分を低く見積もりすぎゲローゲロー」な方が多すぎということです。

 

 

もったいない。。。

 

 

そして、男性の僕が言うのも何ですが、

これからは女性の時代です。

いや、本当は今までも女性の時代でしたが…

(そこらへんの話は、また。)

ここでは、
「自分を低く見積もりすぎ」て、

僕が客観的に接した時に、
もったいないじゃないですかぁ…えーんえーんえーんと思う方を、
「ジブン勘違い」族と勝手に名付けています。

この「ジブン勘違い」族=自分を低く見積もりすぎている人が、
1人でも減るようおねがいおねがい
メルマガの内容を変えてでもお届けしたいと思い、

書き始めました。

まず、世の中は2種類の民族に分かれます。

それは、勘違い族と、ジブン勘違い族です。
明確にしておきましょう。

勘違い族と、
ジブン勘違い族の違いです。

1、勘違い族

いい意味で自己肯定感が高く、
ナルシスト的(自分が大好き)な傾向があり、
人生に果敢に挑んでいくタイプ。

できるか?できないか?でなく、
やりたいか?やりたくないか?
で、生きる人を指します。

また、異性と目があうと、
「あれ?私(僕)のこと好き?」
と、勘違いする傾向があります。

2、ジブン勘違い族

自己肯定感が低く、
自虐的な(どうせ自分なんて…)的な傾向があり、
人生のリスクばかり考え、
安定を求める傾向があります。

やりたいか?やりたくないか?でなく、
できない理由(リスク)が少ないい時、
動く傾向があります。

また、異性と目があうと、
「なんか?変な格好に見られてる?」
と、勘違いする傾向があります。

言うまでもなく僕は、
「ジブン勘違い族」を減らしたく、
勘違い族を増やしたい爆  笑爆  笑わけでございます。

 

 

勘違い族になれば、

周波数も本来の状態へ戻り、

本来の自分を生きることができます。

 

 

そうすれば、

みんなが本来の自分に戻り、

人目を気にする必要もなくなり、

自分のやりたいことが明確になり、

そこに意識を絞って充実した人生を生きることができます。

 

 

じゃ、

自分勘違い族は、

そもそもどうやって出来上がったんでしょうか?

 

 

これはもう、
18歳までの潜在意識の中(18歳までの偏屈のコレクション)に
どんな「言葉」を入れてきたか?
しかありません。

アインシュタインは言いました。
あなたにとっての「常識」とは、
18歳までに身につけた、
偏屈のコレクションに過ぎない、と。

つまり、
あなたが18歳までの間に、
どんな言葉を交わしてきたか?です。

兄弟の間で、親子の間で、先生と生徒の間で、
先輩と後輩の間で、友だち同士で、
どんな言葉を交わしたか?なのです。

・お前は本当に不器用だね。
→自分は不器用なんだと、思い込む。

・人前でうるさくしちゃいけません!!
→人前では静かにしてなくてはならないんだ、と思い込む。

・そんなんで歌手になんかなれるわけないだろ!!
→自分には歌の才能がないんだ、と思い込む。

・本当にあなたって人見知りよね。
→自分は人見知りだと思い込む。

・本当、奥手だよね!
→自分は奥手だと思い込む。

・どんくさいなぁ。
→自分はトロいのだと思い込む。

思春期までの繊細な時期は特に、
ネガティブな言葉を、
そのまま潜在意識に受け入れてしまいがちです。

1回言われただけでも、
それが自分なんだ、と錯覚してしまうのに、
2回(2人の人から)言われた日には、
それを本当の自分の人格だと錯覚します。

このように18歳までの勘違いで、
ほぼほぼ今のあなたが作られています。

その後、
「あれ?違うかも」って経験をたくさんしていたり、

その後、
人生に影響を与える人(パートナーや師匠やメンター)が、
「違うぞ!本当のお前は…」って言ってもらったり、
そんな経験があればジブン「勘違い」族から、
晴れて勘違い族になることができたのかもしれません。

そんな経験があれば良いですが、
そういった機会がなかった場合、
ジブン「勘違い」族のまま生きてしまっているケースが、
多いです。

そして自己肯定感が、
高く持てないまま、
日々を過ごしているケースが多いのです。

と、ここまで読んで…
いやいや、そもそも本来の自分が、
勘違い族ってのも、
おかしくない?

って、思われるかもしれませんね。
しかし、僕たちは本来は、
勘違い族です。

本来の自分とは、
間違いなく勘違い族なのです。

「本来の自分とは、勘違い族である。」ということを、
明日は詳しく話そうと思うのですが、
そもそも、”わたしも自分勘違い族かも!”と思ったあなたに、
おススメのブログ記事を先にご紹介しますね!

1、自分勘違い族のあなたは、「いつゆとりがない」と思っていませんか?自分に、そして人生にゆとりを持つには?

2、自分勘違い族をやめると、3か月で収入が2倍になったりしますよ。その実例はこちらです。

3、実は自分勘違い族は、常識に縛られて動けない傾向があります。その傾向を打ち破る手っ取り早い方法とは?

 

2018年は改めて、

周波数を高め、

さらなるステージアップアップアップへ、

共に参りましょうビックリマークビックリマーク

 

 

周波数を上げるための無料メルマガは、

こちらからご登録ください。

 

 

登録後、

すぐに自動返信文が届きます。

(お手数ですが届かない場合は、info@tovc.jpまでご連絡ください。)

 

 

 

それでは、

良い1日を!!

 

 

江頭幸宏