ご訪問ありがとうございます。

声のアンチエイジングブログ第2弾です。

ボイスクリアリング® の江頭です。

(ゆっきーです。)

 

 

 

 

上矢印写真は、グループクリアリングin恵比寿のもの)

 

 

昨日は声帯の老化レベルのチェックをしましょうえーん

というブログでした。

 

 

いかがでした?

やってみました?

 

 

ま、もちろんやり方にもよりますので、

工夫してチャレンジしてみてくださいね。

 

 

昨日のブログは、こちら

 

 

今日は、声帯の老化が、お肌の老化につながる理由ゲローと、

声帯を若返らせるためのチューブ発声法のやり方をご紹介します。

 

 

 

まず、

声帯の老化は、お肌の老化につながる理由についてです。

 

 

声帯が老化すると、

筋力が弱まり、声帯の振動数が落ちます。

 

 

すると、

 

 

1、発声を長い時間することができない。

2、音域が狭くなる。

 

 

という症状が生まれます。

 

 

 

1、発声を長い時間することができない。

 

 

呼吸量(肺活量)が弱まり、

声帯の筋力が弱まると、

発声を長い時間することができなくなります。

 

 

呼吸量(肺活量)が弱まると、

身体全体に酸素が行き渡らなくなります。

 

 

心臓のポンプの力が弱くなるので、

血流が悪くなります。

 

 

血流が悪くなると、

赤血球が酸素を運ぶ力が弱まるので、

全身に血液を循環する時間がなくなり、

途中で心臓に血液が戻ってきます。

 

 

すると、

手足などの末端へは血液が届かなくなるので、

末端冷え性あせるあせるになります。

 

 

手足が冷えやすい人は、

血流が悪いということですチーンチーン

 

 

酸素が全身に行き渡らないということは、

細胞が生き生きと活性化しませんので、

当然ですが、お肌に良くありません。

 

 

当然ですが、お化粧したまま寝るのが良くないのは、

毛穴をふさいだまま寝るので、

肌の呼吸が出来ないからです。

 

 

2、音域が狭くなる

 

 

低音は下半身へ、

高音は頭部の方へ、

振動を届けます。

 

 

音域が狭くなるということは、

下半身へ、そして頭部の方へ、

振動を届けられないということになります。

 

 

振動が届かない場所は、

やはり自己補正(自己治癒)されずらくなります。

 

 

よって、劣化もしやすくなるのです。

 

 

 

では、声帯を若返らせる方法はないのでしょうか?

もちろんあります。

 

 

それが、チューブ発声法です。

上矢印このメソッドは、世に出回っているメソッドであり、独自メソッドではありません。)

 

 

 

以下、1分ほどの動画です。

ご覧くださいニコニコニコニコ

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

やり方は簡単ですね。

 

 

ぜひ、声帯を使って、長い時間声を出す方法を習得し、

声帯を若返らせましょうOKOK

 

 

お役立てくださいウインクウインク

 

 

 

明日のブログでも、

アンチエイジングを取り扱いますね!

(この記事の参考サイトは、こちらです。)

 

 

声のアンチエイジング講座もメニュー化予定ですので、

(夏を過ぎたあたりから開講します。)

ご興味がある方は、無料メルマガで先行案内をしますので、

無料メルマガにご登録ください。

 

 

声のアンチエイジングを今すぐ体験したい方は、こちら

上矢印講師は認定講師が担当します。)

 

江頭の個人セッションで声から自分を変えたい人は、こちら

 

 

 

良い1日をお過ごしください。

 

 

 

 

 


Fatal error: Call to undefined function the_post_navagation() in /home/users/2/chu.jp-hanashigoe/web/wp-content/themes/tovcdesign2017/single.php on line 21