ご訪問ありがとうございます。

江頭です。

(ゆっきーです。)

 

 

 

 

僕は小学校時代は内向的で、

いじめられっ子でした。

 

 

中学の時、強くならないと、

僕の人生は終わると悟り、

強くなるためだけにボクシングを始めました。

 

 

あの時ボクシングやっていなかったら、

きっと今は引きこもりです。

 

 

なもんで、ボクシングが好きか?って聞かれると、

別にそうでもない、が答えになるんですね。

 

 

ただ自分が強くなって、

人生を変えるためだけにやっていたスポーツだったので。

 

 

そんなもんで高校時代、

試合が嫌だったんです。

 

 

あの殺気じみた空気。

勝ち負けの世界。

逃げ出したかったー。

 

 

事実、部活仲間に、

よくこんなことを言っていたのを覚えています。

 

 

「僕は、もっと練習してから、試合したいんだよなぁ。」って。

 

 

はい、これひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

 

 

うまくならない人の典型的な言い訳です。

恐れを抱えている人の典型的な言い訳です。

 

 

本番(試合、行動)を避けようとする行為。

 

 

自信がつくまで練習してからじゃないと、

本番(試合、行動)できない。

 

 

これは、完全に言い訳。

この言い訳を繰り返しているうちは、

何をやっても、何も大成しないと、

僕は思うんです。

 

 

この視点で考えてみると、

最近よく聞くのが、

人前でできるレベルじゃないので…

という言い訳です。

 

 

本当にやりたいことなんだったら、

いや…少しでも、僅かでもやりたいことなんだったら、

とりあえず人前でやってみようよ。

 

 

人前でやらない限り、

永遠に成長しないんよ、

って言いたくなります。

 

 

ピアノも、

歌も、

演劇も、

バイオリンも、

ダンスも、

スピーチも、

 

 

センスを使って、

センスを高めてゆくものは、

人前でやらない限り、

絶対に進歩しません。

 

 

はじめっから完璧な人なんて、

どこにもいない。

 

 

みんなはじめは、

へたっぴなところからスタート。

 

 

だから、少しずつ成長するのが、

病みつきになるってわけ。

 

 

僕は、

そう思うんです。

 

 

だから、

とりあえずやってみようビックリマークビックリマーク


Fatal error: Call to undefined function the_post_navagation() in /home/users/2/chu.jp-hanashigoe/web/wp-content/themes/tovcdesign2017/single.php on line 21