ご訪問ありがとうございます。

ボイスクリアリング® の江頭です。

(ゆっきーです。)

 

 

上矢印自宅で仕事中の風景です。)

 

 

 

僕たちの世代は、

100歳世代です。

 

 

100歳オーバーのご高齢者が、

1963年の時点では、153人。

 

ところが、

 

2016年の時点では、

6,1568人目目

(参考文献:革命のファンファーレ/西野亮廣)

 

この50年足らずで、

402倍に膨れ上がっています。

 

 

上矢印画像はネットより拝借。)

 

 

寿命は年々延びており、

 

 

上矢印画像はネットより拝借。)

 

 

これからも延び続ける…

これが、紛れも無い真実であると言うことなんです。

 

 

その100歳世代を生きる僕たちが、

今のうちからやっておかねばならないことがあると、

僕は思うのです。

 

 

それは…

サードライフで何をするのか?

です。

 

 

そもそもサードライフって、

なんやねんえーえー

 

 

僕が勝手に分けているのですが、

人生を以下の3つのタームに分けます。

 

 

ファーストライフ:就職(結婚)するまで

セカンドライフ:仕事(結婚、育児)が落ち着いてくる頃(40代〜50代)

サードライフ:定年後、子育て後の人生

 

 

 

100歳世代の僕たちにとって、

サードライフが、

あまりに長いのです。

 

 

定年が65歳だとして、

サードライフは、

35年間もあります。

 

 

子育てが、50歳でひと段落するとしたら、

サードライフは、

50年間もあります。

 

 

え?

その間、

何をして生きるの????

 

 

何に向かうの????

 

 

 

ここの問いを、セカンドライフの時から見つめ、

育てていかねばならない、と僕は思っています。

 

 

そしてそれこそが、

今、絶対にやっておかねばならないことであると、

僕は思うのです。

 

 

定年後、子育てが終わった後の人生、

あなたは何を求め、何を生きがいにし、

何に向かって生きますか?

 

 

密教の世界では、

60歳を境に、

次なる目標(生き甲斐)を持っていないと、

魂が肉体から離れてしまうそうです。

 

 

このようにいろんな意味で、

このサードライフを考え、見据え、

育むことが重要になってきます。

 

 

ところがいざ、サードライフと向き合おうと思っても、

僕たちはうまく向き合うことができません。

 

 

そもそも、最初から向き合えるなら、

とっくに答えは出ており、

そこに向かっているでしょう。

 

 

なぜ、サードライフにうまく向き合えないのでしょうか?

ほとんどの人の周波数が、本来の状態からズレているからです。

 

 

周波数がズレる理由とは?

 

 

高熱が出ているときに何かを考えようとしてもうまくいきません。

身体が負傷しているときに何かを考えようとしてもうまくいきません。

 

 

このように…

 

 

周波数がズレて(下がって)いると、

自分に向き合うことができないあせるあせるのです。

 

 

 

自分に向き合い、

サードライフと向き合うためにも、

周波数を整える必要があります。

 

 

自分で周波数を整えるには?

 

 

また、この度ボイスクリアリング® ZEROの技術を習得し、

自分でセルフクリアリングをしながら、

周波数を整える講座を開講することにしました。

 

 

現在、有料メルマガのお客様、ボイスクリアリング® 個人セッションを受けたことのあるお客様へ、

順次ご案内を出させていただいております。

 

 

明日には無料メルマガで、

先行のご案内を出させていただき、

最終的にブログで21日から募集を開始する予定です。

 

 

先行案内を受け取りたい方は、

無料メルマガにご登録いただき、

明日の先行案内をお待ちください。

 

 

それでは、

良い1日を。

 

 

江頭幸宏

 


Fatal error: Call to undefined function the_post_navagation() in /home/users/2/chu.jp-hanashigoe/web/wp-content/themes/tovcdesign2017/single.php on line 21