ご訪問ありがとうございます。

ボイスクリアリング®︎の江頭です。 

「たったの3日間で、
今までの人間関係を塗り替える」

第14回声磨き合宿

 

 

あなたは、

深い人間関係を、

人と結んでいますか?

 

 

人との距離の取り方がわからなくて、

人と繋がるのが苦手だなあと、

どこかで感じていませんか?

 

 

人に壁を感じてしまっていたり、

自分からすぐに壁をつくっていませんか?

 

 

本当は、

魂が喜ぶ人との関わりをしたくはありませんか?

 

 

 

人と魂でつながる関わり方ができないと、

 

実は…

 

 

・心を許せる親友がいなかったり

・一人で問題を抱えてしまったり

・そのままの自分が受け入れられる、と…心底思えないから、頑張ったり武装したり…

・メリットで人と繋がったり、そういう形でしか自分と繋がる良さを伝えられなかったり…

・それなのに誰も自分に協力してくれないように感じたり…

・いつもどこか孤独感を感じたり

・人をジャッジしたり、それに罪悪感を抱いたり

・人の悪いところばかりが目にいったり

・素直に自分の本音を伝えることができなかったり

 

 

こんな悩みを、

実は抱えているかもしれませんね。

 

 

 

 

 

この悩みは、

「あること」を体感しない限り、

一生つきまといます。

 

 

学ぶんじゃないんです。

知っているだけではダメです。

体感しない限り…です。

 

 

環境が変わっても、

職場が変わっても、

立場が変わっても、

成功しても、出世しても、

「こうなったら幸せになるんじゃないか?」という自分に

仮になれたとしても、

ずーーーーっと、つきまとうんです。

 

 

 

 

 

その「あること」というのが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

絆を体感する必要があります。

 

 

 

そしてこの絆は、

一人では絶対に、

体感することが出来ないのです。

 

 

【なぜ2泊3日型の合宿をするのか。】

 

 

僕は、年間1000人超、

これまでに7000人超の方の

お悩みをボイスクリアリングを通して

解決しています。

 

 

 

悩みは、健康や恋愛やビジネスなど、

多岐にわたりますが、

潜在意識を見ると、

その根本原因のほとんどは、

自分、そして人に対する不安感にあるのです。

 

 

ボイスクリアリングでは、

潜在意識を書き換えることまでは

提供できます。

 

 

でも、その新しい自分で、

社会に出て、

本当にやりたいことを、

他者に対して表現し続けることができないと、

 

 

自分の内側は変わっても、

本来の自分を生かして、

本当の望みを叶え続けていくことまでは

たどり着かないんです。

 

 

【本来の自分で生きていくには・・・。】

 

 

TOVC渾身の2泊3日型の
合宿共通の信念は、
常に変わりません。

 

 

それは、
「個性が際立つと、人はもっと輝ける」
という信念です。

 

 

では個性を生かして、

もっともっと輝くためには

何が必要かというと、

 

あなたを心底信頼してくれる人との関係を築いて、

その中でのびのびと、

自分を表現して貢献していくことです。

 

 

人間の悩みの100%は、

人間関係にある、とアドラーは言いました。

(アドラー心理学より)

 

 

でも、僕の発想はです。

 

人生の節目、人生の転機、人生のピンチの時に、

手を差し伸べてくれるのは、

必ず人しかありえないと、

思っていますし、実感しています。

 

 

どうすれば、

人とそんな風に、

この先一生、

つきあっていけるようになるのか。

 

 

その答えが、

2泊3日の合宿の中にあります。

 

 

【合宿ではこんなことに取り組みます】

 

第14回合宿テーマは、絆。

  • 人ともっと繋がれる自分になりたい。
  • 深い人間関係を結べる人になりたい。
  • 人との距離をどうしても感じてしまう。
  • 人に抵抗がある。
  • 人に壁を感じる。
  • 魂が喜ぶ人との関わりをしたい。

 

というあなたの人間関係が

たった3日で塗り替わるプログラムになっています。

 

 

2泊3日の流れは、

こんな風になっています。

 

 

~まずは仲間との出会い~

 

 

 

 

 

まずは必然で集まったこの日のメンバーとの

最高の出会いを体験します。

 

ここに集まる仲間には、

意味があります。

 

偶然に出会うメンバーではありません。

この日にこの場所で出会うことに、

このメンバー全員の人生が覆る

意味が隠されています。

 

 

~あなたの本当の目的を知るプレゼンテーション~

 

 

 

 

合宿の最初に取り組むのは、

この合宿に参加した目的を

プレゼンテーションすることです。

 

 

人に話してみると、

あなたは気づくはずです。

 

 

「本当の目的は、それではなかった」と・・・。

 

 

この気づきに、これまでの人間関係が

うまくいかなかった”本当の課題”があります。

 

 

仲間とのコミュニケーションを通して、

あなたの魂の本当の課題に

出会うことが出来ます。

 

 

 

 

~バディを組むドラマ~

 

 

 

 

この合宿を共に学ぶ仲間(バディ)を

1人選んでいただきます。

 

 

1人の人を、あなたが選ぶこと。

その人に、あなたが選ばれること。

または、その人に、選ばれない経験をすること。

 

 

あなたは、どんな人と付き合いたいのか。

その人にあなたがパートナーとして選ばれるために

何を伝えないといけないのか。

どんな在り方をする必要があるのか。

 

 

想いが届かなかった時、

どうとらえるのか。

どう対処すると、その後の人生を、

さらに有意義にできるのか。

 

 

こんな場面は、人生のあらゆる場面で起こり続けます。

 

 

そのとき、どうするのが最善かの答えを、

この「バディを組む」ということを通して

得ることが出来ます。

 

 

またこのワークでは、

号泣する人が続出します。

 

 

でもこのワークを通して、

想いが通じた人とも、通じなかった人とも

距離がぐぐっと近くなって、

深い所で繋がっている感覚を覚えることができます。

 

 

「本気で人と付き合う」とはどういうことかを

学ぶことが出来ます。

 

 

~あなたが中心のチームを作る経験~

 

 

 

 

 

 

最終日は、チームを作ってワークをします。

 

 

チームとは、

リーダーと、

サポーターで成り立ちます。

 

 

あなたはこの場で、

どんなポジションを選択するのか。

 

 

リーダーなのか、

サポーターなのか。

 

 

自分がとるポジションを、

自分で選択するのです。

 

 

リーダーになるなら、

何をプレゼンテーションして、

仲間にメッセージを届けるのか。

 

 

これは現実世界で、人と繋がり、最高の仲間を作り、

仲間と一緒に生きていくときにも、

ここで学ぶチーム作りと全く同じ行程を踏むのです

 

 

いかがですか?????

 

 

このような…人との関わり方を深く学ぶ機会も、

教えてくれる場所もなかったので、

あなたは人と深く繋がれないと感じているのです。

 

 

人と繋がるとは、

社会の中であなたらしさを生かして、

みんなの力をあわせて

表現していくことです。

 

 

これからの人生を、

自分らしさを生かして生きていきたい人、

仲間を作っていきたい人、

人と深く付き合いたい人に、

ぜひこの経験を通して

「本当の人間関係とは」ということを

学んでいただけたらと思います。

 

 

お申し込みの詳細は、こちらより。

 

 

〜過去の受講生さまの声〜

第12回TOVC合宿 テーマ「愛」に参加して

 

 

 

 

 

旅とは、行くと決めた時からすでに始まっている、

と先日聞きました。

 

 

私にとっての愛の合宿は、

“行く”と決めたときからがすでに愛そのものでした。

 

 

日常の喧騒の中で、どれくらい“愛とは”なんて、

壮大なテーマについて思いを巡らせることはあるんだろうか?

 

 

しかしながら、日常的に意識もする“愛”という表現や想い。

そんな“愛”にマジで向き合い、

浸れる3日間は贅沢そのものでした。

 

 

私が愛に満たされ、

満ち溢れて帰宅したことをいち早く察知した5歳の娘。

 

 

「ママ、何だか違う」と。

 

 

何が違うのかを聞いてみたら、

“笑い方”が、どうやら違うらしい 。

 

 

どう違うのか突っ込んでみたら、

「“あ”はははは、から“お”ははは、になってる」

 

???

 

「どっちがいい?」と聞き返すと、

ニコニコしながら 「どっちもいいけど、今がいい」と。

 

 

母音ベースの笑いで、あはは、からおはは(“おほほっ”のほうがエレガントだけど!)

までが完成したということは、私の中で確かに、

愛のチャクラが全開したんだろう、

と勝手に解釈しました(笑)

 

 

本気で目の前の仲間、出来事、感情、すべてに向き合い、

その全てを自分ごとと捕らえる、合宿の全てが愛そのものでした。

 

 

合宿を通じて知り合った最高の仲間達の、それぞれの素晴らしい笑顔や魅力、

溢れる個性、魂をゆさぶられる涙、封印している欲求、さらなる疑問、

そしてその奥にある希望の光、一人ひとりの包み込むような暖かい眼差し、

その全てが愛そのもので、仲間の心と体を通じて私の中に存在していた愛を、

より深く感じることができました。

 

 

『目の前に居る仲間の全てが私そのもの』そう意識するだけで、

全てを委ねることができた、とてつもなく深い安心感に包まれた3日間。

 

言葉では言い尽くせない、でっかい安心感と深い気づき。

 

 

今この瞬間に生きていてよかった、

仲間が居て良かったと心から感じました。

 

 

たったの3日間でこれほどまでの愛を受け取れるのであれば、

私が生きてきた人生の全てにも、

愛で満ち溢れていたんだなと、

改めて深い感謝の想いがたくさん沸いてきました。

 

 

 

さらには、“力の抜き方”という大きな学びがありました。

仲間の、周囲の全てが愛であるのであれば、もっと委ねて任せてみよう、

そんな感覚を体感させてもらえました。

 

 

これこそが、私にとって大きな収穫でした。

 

 

最高の愛に出逢い、愛いっぱいの仲間たち。

 

 

今回の仲間との出逢いそのものが、愛、でした。

 

沖縄という土地も愛そのものでした。

 

そして、壮大すぎる「愛」というテーマを合宿に選んでくれたTOVCも これまた愛そのもの。

愛ってなぁに? 愛って、あなただよ! 愛って、、、あたしだよ!

過去の記憶の全てを『愛』で上書きしてくれた、

深くて暖かい愛一杯の3日間を一緒に創り上げてくれた仲間、運営陣の皆さま、 本当にありがとうございました。

 

 

原之園絵麻さま/福岡より参加

 

 

第12回TOVC合宿 テーマ「愛」に参加して

 

「親へのトラウマの解放」と、

「本来の自分探し」を課題と設定してこの合宿に参加したつもりでしたが、

自分の一番の課題と違っていたことに気づきました。

 

 

私が合宿で最初のワークでしたことは、

「自分のこれまでを、過去として話す」ことでした。

 

 

「これからの自分」として生きるために、

「今までの自分」を明確にする必要があったようです。

 

 

初めてあった人達の前で、

鬱状態になったことや大学を退学したことを話すのはとても怖かったです。

 

 

でも、シートに書きながら、

『これを話さなきゃ自己開示にならないし、私の一番の弱点を認められない』と思いました。

 

 

そして、自分の番で話しながら大号泣(笑)

『苦しかった、辛かった』という感情を感じきることで解放できました。

 

 

そして、参加した皆さんが静かに暖かく聴いていてくれたこと。

これにものすごい愛を感じました。

私の決意を理解し、尊重してもらった。

 

 

この嬉しさで傷ついた心がとても癒されたように思います。

この合宿での自分の最大の課題を、初日の夜に乗り越えたようです。

更に、みんなの愛を心から感じることができました。

 

私が合宿で一番得たのは『貢献感』です。

私が一番最初に泣く、自分の過去を開示する、どう思うか言う。

 

それらの行動がが全体のハードルを下げたり、誰かの負担を軽くしたりしていた。

合宿で最年少の私が、こんなにみんなの力になれた。

この経験は、私にとってとても大きな自信に繋がりました。

 

 

みんなに言っていただいた『ミキティには可能性しかない!』という言葉も、

私の自信のひとつです。

 

今回の合宿で私が得た新たな課題は、『私の愛を世界に向けて発信する』です。

『愛とは、哀(悲)の陰陽(表裏)である』 この気づきというメッセージをより私らしく発信する方法を、

これから探していきたいと思います。

 

大久保美輝さま/群馬より参加

 

第9回TOVC合宿 テーマ「新」に参加して

 

 

別れは、突然訪れた。
現地を発つ先発メンバーが読み上げられると、

予期しない涙が溢れてきた。

車に乗り込むと、テラスに仲間の姿。
先頭に、ぼうちゃんとアンジェロが立っている。
涙が止まらない。
まるで、魂の片割れをもぎ取られるよう。

乗り込んだ車から、空港組と市内組に分かれた。
さいごの別れの時は、みんな小学生のように、

姿が見えなくなっても手を振り続ける…。

そう。
みんな魂の片割れだった。

この感覚は、ひとりになっても続く。
街をすれ違う人が、他人じゃなくなった。
みんなが私の、魂の片割れになった。

この感覚をもたらした、合宿3日間を振り返ってみる。

TOVC合宿を、何と説明すれば良いのだろう?
トップ・オブ・ボイス・カンパニー。
この会社の存在を知ったのは、3ヶ月前。
「話し声専門」のボイストレーニングを行う会社。

本人と声が一致することで、止めることなく自分を表現出来るようになり、

その状態が社会貢献となるのだと言う。

私には、「話し声をどうこうしたい」という願いはなかったのだが、

切実な悩みがあった。

自分の心が1ミリでもズレると、

とたんにパフォーマンスが崩れる。
この1ミリって何なんだ!?
大好きな歌を歌う時に、予期せずこの状態が起こる。
大好きなのに、怖い。
この1ミリが「自分との一体感」を示すことは、予感していた。
いろいろ試しまくったけど、うまくいかない。
もがいてた時に、TOVC、江頭幸宏代表の存在を知った。

合宿では、実にさまざまなドラマがあった。
自分の外で起こる出来事が、自分の内面に波紋していく。
誰かの本気が、私を揺さぶる。

2日目、「新しい自分を象徴する、新しいニックネームを自分でつけよう」と言い渡された。

 

 

ニックネームは、すぐに降りてきた。
降りてきた時、理由もはっきりしていた。

 

みんなからもらった、ポジティブな印象と、ネガティブな印象。

私の第一印象は、こんな感じだった。
ポジティブ:上品
ネガティブ:近寄りがたい、ずばずば言われそう

私のニックネームは、まさに仲間からのこの印象を反転したもの。

つまり私は、「上品」という他人からの期待に応えようとして、縮こまり…
気遣いの塊で、ずばずば物が言える人が羨ましかった。

でも、誰も私が上品であることを期待なんてしてないし(笑)
ほんとうは、私はずばずば物を言える力を持ってるんじゃないかな(笑)

だから新しく、「スケ子」で生きよう、と。
上品じゃなく、ずばずば言う、「スケベな、スケ番」。

 

 

「スケ子」は、私そのものだった。
みんながウケてくれたので、自由がどんどん増した。
人と敬語でしか話せなかったのに、敬語はやめた。
1ミリのズレを気にもせず、人と歌えるようになった。

実は、合宿前のセッションで出ていた課題があった。
「特別な場じゃなくても、日常生活でこそ、自由でいる」
「今までやってこなかった、でも実は自分の中にあることをする」
「関わるすべての人と、ハグをする」

「スケ子」はあっけらかんと、やり遂げた。
お世話になった宿泊施設のオーナーやスタッフとも、ハグをした。

後日談がある。

 

私は自分の全身を託しているカリスマ整体師のところで骨格矯正と筋トレに励んでいるのだけど、

合宿直前と合宿直後で、体が激変していたことが、わかった。

 

筋肉を正しく使えなくてずっと保留になっていたデッドリフトが、

正しくするすると出来るようになった。
カリスマ整体師は、「北海道が良かったんじゃないですか?」と驚いた。
それまでバラバラな感覚だった自分の体とも、一体になっているらしい。

理屈でも分析でもなく、実感していること。
それは、仲間との一体感が、私自身の一体感をもたらしてくれたこと。

いとしい、いとしい、魂の片割れ達!

 

岩崎佳子さま/福岡より参加

 

 

 

【最後に僕の想いです。】

 

 

 

 

僕は、人生に1度はこの合宿に来て欲しいんです。

何故って?

 

 

誰よりも僕自身が、

合宿で人生を大きく変えた人だからです。

 

 

会社員を卒業し、

個人ビジネスを始め、

うまくいかず、預金がどんどん減って行く中で、

不安と恐怖を抱え、毎日もがいていました。

 

 

そんな中、

たまたま出会った自分の価値を高める合宿。

 

 

その合宿で、

今まで人に踏み込めなかった自分が、

人にすんなりと踏み込めるようになったのです。

 

 

まさしく僕の中で人への恐怖感、

不安感が消え去った瞬間でした。

 

 

そこから個人ビジネスも軌道に乗り始め、

今に至ります。

 

 

あの時、あの合宿に出会えていなければ、

今の僕、そしてTOVCはありません。

 

 

僕はその時の衝撃をベースに、

合宿を自分なりにアレンジし、長い年月をかけ、

オリジナルのものへと進化させました。

 

 

合宿は、何も技術を習得するのではありません。

合宿では、たったの3日間で自分の内側に変化を起こすことで、

眠っていた個性を開き、不要な不安感や恐怖感を拭います。

その結果、世の中に自分らしさを発揮し、

生き生きと生きて欲しいのです。

 

 

そのほうが自分自身も幸せだし、

何よりあなたと関わる全ての周りの人が幸せです。

僕は、TOVC合宿というものを通じ、

そんな世界の実現に貢献できたらな、と思っております。

 

 

江頭幸宏

 

 

お申し込みの詳細は、こちらより。

 

 

 

 

 

 

2018年夏は、北海道の自然豊かな地で、
最高の仲間との出会い、

最高の絆を体験しませんか?

 

 


【合宿詳細】

【集合】

2018年7月6日(金) 14:00 真駒内(まこまない)駅

※飛行機の関係で、こちらの時間に遅れる場合は、事前にお知らせください。

※直接、現地へ向かうことも可能です。

【解散】

2018年7月8日(日)15:00(真駒内駅解散)

※飛行機のお時間は余裕をもって、お取りください。
(目安:新千歳空港 17:00以降)

【宿泊施設】

北海道・芸森スタジオ
http://www.geimori-st.jp

※2泊3日間の研修費、宿泊費、テキスト代、
食事代(夕2回、朝2回、昼2回)が全て含まれております。

【費用】

  • 正規料金・・・税込 159,840円(税別 148,000円)
  • 早割料金・・・税込 116,640円(税別 108,000円)
    ※2018年5月末までのお申込み
  • リピート割引・・・税込 99,360円(税別 92,000円)
    ※2泊3日型合宿に2回以上ご参加の方

※お支払い方法は、 クレジットカードorお振込み(一括払い)が可能です。

※合宿地までの交通費は各自負担となります。

■参加資格

  • 2018年、飛躍的に「自分を変える」と決めた全ての人

※ボイトレ未経験者歓迎!!

■こんな方にオススメ

  • 人に対して、深く入っていけない自分、
    入ってきてほしくない自分がいて、深い人間関係を結びづらい
  • 「伝達力」の向上を図りたい
  • 「今、ここに在る」という感覚を圧倒的に向上させたい
  • 1秒1秒の時間の「濃さ」を向上させたい
  • ボイストレーニング半年分に匹敵する「声磨き」の効果を得たい
  • 自分自身の「殻」「鎧」から開放される瞬間との出会い
  • 表現力・コミュニケーション能力の圧倒的向上
  • 自分の「限界」を知り、突破できるジブンと出会いたい
  • 「自分らしさ」と出会いたい
  • かけがえのない仲間との「絆」がほしい

キャンセルポリシー

やむを得ずキャンセルをご希望される場合は、
下記キャンセル料を申し受けます。

  • 合宿の1ヶ月前から   ・・・ 合宿参加費の30%
  • 合宿の14日~3日前まで ・・・ 合宿参加費の50%
  • 合宿2日前から     ・・・ 合宿参加費の100%

なにとぞ、ご了承ください。

皆様のご参加を、お待ちしております。

 

 

お申し込みの詳細は、こちらより。


Fatal error: Call to undefined function the_post_navagation() in /home/users/2/chu.jp-hanashigoe/web/wp-content/themes/tovcdesign2017/single.php on line 21